AGA治療の内服薬について

subpage01

AGA治療には、さまざまな薬品が使われています。ここでは、AGA治療における、内服薬についてご紹介したいと思います。


内服薬の発毛剤ですが、毎日服用することで、薄毛を改善しようとする薬です。

内服薬のメリットとは、塗布するタイプと違い、身体の中から発毛効果を活発にしてくれることでしょう。肝臓で代謝され、血液中に取り込まれた薬は全身をめぐります。成分が毛母細胞まで、しっかりと届くため、塗布タイプの育毛剤より、効果が高い実績があります。

しかし、内服薬は専門クリニックしか処方してくれません。

ビジネスジャーナルに関するお役立ち情報コーナーです。

薄毛治療は、医療保険が適用されませんので、診療代と内服薬で月に何万円もの出費になることがあり、経済的にも大きな負担を与えます。

(しかし、医師に経過を診てもらえることは大きな安心です)この状況の改善策としては、インターネットを活用し、自分で外国より個人輸入する方法があります。



日本では、何万円もする内服薬が、特許に影響を受けない国では、約1/3から1/5程度の安価で購入することができます。長く続けるには、安いのが一番ですが、デメリットもあります。


海外から輸入するので、商品が届かない可能性が高くなります。


また、支払ってしまった代金を保証してくれるサービスは、確立されていません。


また、薬ですので副作用が必ずあります。


ほぼ感じない程度なのか、気分が悪くなってしまう重篤なものなのかは、個人個人で違いますので、すべて自己責任となります。

AGA治療を継続するためには、本人の健康が一番大切です。